とまのをと。

二次元と三次元の狭間で日常から逃避行するブログ。瀬戸内よりお届けしてます。

こだわった末に失敗する、手帳難民のための手帳選びについて考えた。

f:id:tomanote:20150805103419j:plain

このご時世なのでスケジュールはスマホやPCで、という場合もありそうですが(スマホと手帳連動させる二刀流もいそう)、夏の終わりとともに文房具売場に大がかりな手帳コーナーができはじめるくらいなので、まだまだ手書き手帳愛好家は多いはず。私もそのひとりです。

しかし、選んでいる時は楽しいけれど、いざ使いはじめるとなんだか使い難く感じたり、意外と書くことがなくて白紙ページがたくさんできたり、コレだ!という運命の一冊になかなか出会えない手帳難民も多そうな気がします。私です。

来年の手帳を考え始める秋冬シーズンを前に、失敗しないための手帳の選び方について考えておこうと思います。

 

手帳の役割と内容、使い方

手帳とひとくちに言っても毎年さまざまなタイプの手帳が発売され、それぞれ持っている役割が違います。はじめて手帳を買った頃はサイズ感やデザイン重視すぎて、根本的な手帳の役割や内容、使い方を考えていなかったことが失敗の原因でした。

➀時間をどう管理したいか

手帳の役割の最重要項目であろう、スケジュール管理。たぶん、これが目的と合ってる・合ってないで体感失敗度にかなりの差がでます。

極端な例でいうと、締切やアポの日付をひと目で管理したい時には、1日1ページタイプは不向き。日々の時間を細かく管理したい時には、見開きで月間ページタイプは不向き。スケジュール管理という点だけを考えても、以下のタイプに分類できそうな気がします。

  • 日々のスケジュールやタスクを管理する
  • 月ごと~数ヶ月単位の予定を把握し管理する
  • 年間~数年間(ひいては人生)の長期的な目標を管理する

あたりまえですが、自分の時間を管理して、何をどう可視化しておきたいかという視点が抜けていると、お気に入りの手帳を手に入れても数週間後にはストレスマッハです。

②どこにどれだけ書きたいか

  • とりあえず仕事や学校の予定を把握したい
  • 仕事もプライベートも両方管理したい
  • イデアやメモも手元に残したい
  • 日々の日記や記録と兼ねたい

手帳に何をどこまで書くかは人それぞれだと思います。が、決められた期間中、何かを書き続けて適宜確認するものというのが前提です。

継続して使うために、ここで声を大にして言いたいのは書きたい量と書ける量のバランスを考えておくということ。書きたいことがたくさんあるのに記入欄が小さいと見づらくてイライラするし、スカスカで白紙が目立ってもきっと心が折れます。

白紙に抵抗がないならそれでもいいですが、手書き手帳にこだわる派は、とりあえずページを埋めたい人も多いですよね?……ええ、私です。

イラスト描くのに方眼が邪魔すぎるだろとか、グラフ入れたいのに白紙で線引けねえマジかってなったりするので、そういうのも考慮しましょうね。 

③手帳をどう使いたいか

これは手帳を単なる予定把握ツールとしてではなく、他の目的を視野に入れて使うかどうかということ。考え方としては①+②の発展形だと思います。手帳に意味を持たせるかどうかと置き換えてもいいかもしれません。

ライフハック系手帳

フランクリンプランナー

www.franklinplanner.co.jp

自己実現系手帳といえば。わりとどこでも専用コーナーが作られてるイメージ。

 

■夢をかなえる人の手帳

www.d21.co.jp   

夢をかなえる人の手帳術 最新版

夢をかなえる人の手帳術 最新版

 

略して夢かな手帳(っていうらしい)。女子向けっぽいコーナーでちらほら見かけますよね。ふんわりしつつ、要点抑えている感じ。

 

■trystrams

www.trystrams.jp 

こちらも目標達成系。トライストラムスって読むんやで。スマホアプリもばっちり連携で心強いヤツです。どちらかといえばビジネス向きかな。

 

Time/system 

www.hima.co.jp

無骨なのに、デンマーク生まれでなんだかシャレオツなレイアウト。生産性20%アップを謳っているのでビジネス向きだけど、外国人風シンプルオシャレ手帳使いにも合いそう。

 

■ジブン手帳

www.kokuyo-st.co.jp

DIARY、LIFE、IDEAの3冊があり、好きな構成で使えます。その中でもLIFEは年をまたいで使える、人生設計のような感じ。

 

このあたりの大人の手帳特集的なものでよく見かける面々は、コンセプトとして自己実現や時間効率アップなど、手帳以上の意味を持たせたものも多いですよね。

自由度髙い系手帳

ほぼ日手帳

www.1101.com

ほぼ日手帳公式ガイドブック2017 This is my LIFE.

ほぼ日手帳公式ガイドブック2017 This is my LIFE.

 

 一度は挑戦したことがあるのではないでしょうか。書き込み系手帳の代表格。カズン(でかい)・オリジナル(文庫サイズ)・weeks(細長い)の3種類があります。

 

トラベラーズノート

www.midori-store.net  

www.tfa-onlineshop.com

使い方自由で、自作カスタム系手帳といえば。サイズ展開は二種類で、A4の3つ折りという謎のサイズ感が意外に便利。書類もそのまま挟めるし。カスタマイズのためのショップ(ネットショップだけでなく、実店舗も)もあり、愛好家多し。

 

■NOLTY

nolty.jp

元・能率手帳ですが、”お父さんのビジネス手帳”のイメージを一新してます。生まれ変わったとはいえ長い間おじ様方のお供をしてきた、実力を兼ね備えたできる子。

 

■MDノートダイアリー

www.midori-japan.co.jp

ダイアリー部分を極限まで削った、ほぼノートと言ってもいい手帳。いさぎよいまでのシンプルさで、そのまま使うもよし、装飾しまくるもよし。これ系の手帳で、一番イラスト描きやすいと感じました。自分色に染めまくると楽しい。

 

自由度が高い手帳や、余白がメインのようなノートタイプは、何も考えずに使いはじめても、自然と目的を持って使うようになってくる気がします。まったく目的がないと、続かないタイプといえるかもしれません。書くことなくなりますしね。

特化タイプ

「超」整理手帳

www.rakuten.co.jp 

予定把握特化です。これにハマると他の手帳が面倒に感じます。リフィルだけ使う手もアリ。

 

■テンミニッツ手帳

www.kanmido.co.jp

ふせん活用特化の究極系かも。ふせんでスケジュールを組み立てる手帳。予定変更もふせん移動で一発です。これでふせんノウハウを学んで、他の手帳でも活用しました。

 

まったく逆のパターンとしては、何かに特化しまくったタイプがあります。ぴったりハマるとかなり使い勝手がよい。ここにこれを書くというのが自分なりに決まっているので、ページが埋まりやすいです。

 

手帳に振り回されないために

f:id:tomanote:20150805151253j:plain

私は基本的にがっつりメモってびっしり書きたいので、1日1ページ以上で余白が多い、大きめのタイプを買うことが多いですが、以前失敗したなーと思ったことがあります。

ほとんどデスクに戻れない職についていた頃、ふと気づくと出先で殴り書きしかしていないスカスカの手帳になっていたのです。半年以上使っているのに、新年度の教科書並みのキレイさ。ショックだし、冷静になってみると持ち運びには不便だし、一気に手帳熱が冷めかけました。

しかし後日、スケジュール管理だけのスリムタイプの手帳を買ったところ、めちゃくちゃ愛用しました。普段はほとんど選ばないタイプなんですけどね。これを経て編み出したのが、トラベラーズノート超整理手帳のリフィルを突っ込む荒業。便利でした。

その時の状況によって、しっくりくる手帳は違います。合っていない手帳は使いこなせず挫折することも多いです。どこでどの程度手帳に向きあう時間を取るかを一緒にイメージしておくことが、無理せずしっかり活用でき(てると思え)る手帳選びのコツかもしれません。

 

私事。来年は今年に引き続き、ほぼ日オリジナルの予定。万年筆で書きたいので、本当はカズンが良いんだけど……今年のMOTHER2カバー(キャラ勢揃いしてるやつ)かわいすぎるんやで。

新たな旅立ち。

f:id:tomanote:20160624012834j:plain

こんにちわこんばんわ、そしてはじめまして。山崎とまと申します。

 

ブログ作ってあれやこれや書いていたのはいいんですけど、ちょっと放置しすぎた。

うん、のっぴきならない事情があったとはいえ、ほんと放置しすぎた。

そのあたりのことは、書ける心境になったらほんのり書くかもしれませんけど、まあ放置しすぎた。

 

ということで、このへんで仕切り直しを兼ねて、新しく旅立ち直すことにしました。

あ、でも以前ウケがよかった記事は、またこっそり登場させると思います。

そんな感じでよろしゅうおたのもうします。

 

書きたいことを決めよう。

以前のブログは見切り発車すぎて、もはや一寸先は闇鍋状態でした。

そして、無限に増殖するごった煮のようなカテゴリ群に殺意を覚えていました。

せっかく仕切り直すなら、基本方針くらい決めていたほうがいいよね。

 

瀬戸内の暮らし

これだ。

べつにどこかで消耗してるわけではないですが、ちょっと地方を推してみよう。

しかも、私が住む場所を変えない限り、何をしようと”瀬戸内の暮らし”になるわけで。

マンガを読んでも、瀬戸内でマンガを読む暮らし

ごはん食べに行っても、瀬戸内でごはん食べに行く暮らし

思ったことをだらだら書いても、瀬戸内でもの思いにふける暮らし

ほら、超便利。 

またごった煮ブログになることが予見されますが、これで言い訳ができましたね。

 

また、県名ではなく”瀬戸内”にしたのは、なんとなく風景が浮かぶくらいの距離感がちょうどいいと思ったからです。

いや、ほんとはうどんで十把一絡げにされたくないからです。まあいいんですけど、うどん成分が強すぎるんです。

瀬戸内って響き、芸術祭っぽくてちょっとオシャンティですし。オシャレライフかどうかはこの際棚に上げますけども。

あるなしに関わらず、みんな等しく”田舎のおばあちゃんち”を思い出す、サマーウォーズ効果のようなものです。

つまり、ノリと勢いと雰囲気重視です。

 

基本スタンスは、書きたいように書く

本来、私は空気が読めません。

下手に自覚があるので、リアルで会える実生活ではどうにか取り繕えていますが、ふと気を抜いた時のメールやLINEが地雷だったりして慌てます。

表情が伝わらないせいか、文章って意外と切れ味鋭いんですよね。そういう意味で言ったんじゃないんだよー。リア友SNS界隈ではしばしば生きづらさを感じるほどです。

ブログを始めたのはSNS疲れという自分に疲れていた頃で、自分が思ったことを書き殴ってすっきりする場所を求めていました。当時ほどキレッキレではないですが、気持ちの上でのスタンスは変えないでおこうと思います。

なおかつ、わかりやすく人に伝える、ができたらいいなと。

 

「山崎とま」について。

香川県に住んでいます

香川といえば97%くらいの確率でうどんと言われます。間違ってはいないです、超ソウルフード

しかし私の好きなうどん屋さんが相次いで閉店してしまい、しばらくうどんから遠ざかっています。新規開拓しよかな。

ちなみに、JR栗林駅近くの松家が我が心のうどんでした。

あと、朝イチは薄めなのにお昼になるとベストコンディションになる、丸山製麺所のダシが忘れられません。

分かる人に、届けこの想い。

 

オタクです

オタクっぽいことはだいたいイケます。鉄道とか宇宙とか鉱石とかもアリ。

ただし我が道を行くタイプなので、流行についていけているかは疑問です。

ハマる作品の傾向としては、SF・ファンタジー、ミステリ、オカルト、歴史モノあたり。

日常系やキラキラ学園モノは、能動的には見てないかもしれません。眩しすぎて。

オタクのきっかけは、幼少期に恋い焦がれたスナフキン(の声)。

 

ほかにしていること。

Twitterアカウントは@808tomaです。どうぞよろしく。

twitter.com

現在こちらで文章書かせてもらっています。どうぞよしなに。

otacco[おたっこ] - オトナになったオタク女子のための情報サイト

 

とまぺでぃあ。

ホンモノのウィキペディアに載ることはないので、それっぽい自己満足。

ちょっと長いので暇つぶしにどうぞ。

 

山崎とまは、香川県出身のオタク。ファミコンと同い年。

小学校時代

低学年よりバンギャの道へ。これから人生の大半をLUNASEAと過ごすことになる。

また、学研ムーを愛読するようになり、古墳と土偶に並々ならぬ興味を持つ。

近くに古墳群が存在する山があったため、休みのたびに出かけてはV系のあれこれを歌いながら、古墳を駆け巡っていたらしい。

このころ、ジャンプ派が多数を占めるクラス内において、ガンガン派という少数派閥を率いていた。

ゲームは当然のごとくマストアイテム。いままでも、そしてこれからも。

家から駅が遠かったので、電車(ことでん)へのあこがれが尋常ではなかったようだ。

 

中学校時代

スラムダンクからテニプリへとメインストリームが移行しはじめていたにも関わらず、メガネ君が好きという理由だけでバスケ部へ入部。

おおよそ運動が得意そうな外見ではなかったが、古墳巡りのおかげで身についた体力と、強靭な足腰のおかげで不動のスタメンへと成長する。

小学校時代にハマった漫画・南国少年パプワくんの影響をモロに受け、みごとに腐化する。時期を同じくして地元のイベントへも出没するようになる。

中3の受験シーズンも特にピリピリすることなく、のんきな同級生とバンドを組んで、壊れそうなほど狂いそうなほどベースを弾いていたりしたので、担任に叱られている。

香川のタウン情報誌の1コーナー・笑いの文化人講座へ投稿していた過去がある。

 

高校時代

これといって勉強しないまま受験を終え、無事に高校デビューを果たす。学校がある町内にコンビニがひとつもなく(当時)、とにかく山に囲まれたすばらしい立地だったという。

部活動は演劇部に入部。ルールに厳しい運動部からの脱却に成功し、反動で外見的にもバンギャ臭くなる。

このころもバンドを組んでいたようだが、壁に頭をぶつける音や、鍋やヤカンを打ち鳴らす音、ドイツ語の辞書をめくる音などをひたすらサンプリングする、よくわからない方向へと音楽性が迷走。

中学同様、受験時期もひたすらマイペースに過ごしていたが、演劇続けたいという気持ちが高まる。

 

大学時代~現在

ぼんやりしながら関西の芸術系大学にどうにか進学。はじめての一人暮らしを満喫していたと思っていたら、いつの間にか大学を辞めて東京に住んでいた。西日暮里あたり。

東京では台本を書いたり、フライヤを作ったり、小道具を手配したり、たまに舞台に立ったりし、その報酬としてたらふく酒を呑ませてもらったりしながら、楽しく暮らしていたと後に語っている。

一人っ子ゆえの人生のいたずら的なものが重なりまくり、現在は故郷の香川県に舞い戻り、落ち着いた生活を送るフリをしている。

しかしまだ全く落ち着いていない三十路として、おもしろそうなことを求め、パソコンを監視する日々を過ごしている。

 

よろしくおねがいします。

初心に戻る意味も込めて、ブログの最初っぽい何かを書いてみました。

”おもしろき こともなき世を おもしろく”、ブログはそのための手段にしたいと考えています。

あ、高杉晋作の句を引用したりしてみましたが、幕末は佐幕派です。

目指せ!毎日更新!とか熱いことをいうと続かない恐れがあるので、まったりゆるくがんばります。

どうぞ、よろしくおねがいします。